埼玉の事件

おはようございます☆

朝からアクティブに活動しております
ビックリなニュースがありましたね。。。

埼玉県の教師による子どもへの暴言。

こ~いう事件は黙ってられませんね。
私がPTA会長をやっている時に起こったらどうしただろう。

それよりも、学校と親の関係性が薄いことが見えてきます。
子どもの成長のための環境をつくるには学校と親が力を合わせなければなりません。

謝りゃいいって話ではありません。

今すぐ飛び降りろ!
明日からは33人でやっていこう?

・・・・・・・・・・・・・・・
まず教師や親に言えること。
大人になりきれずに(成長していない)大人の
子供に対するキレ方。

スーパーや遊園地でも見受けられます。

自分の思い通りにならないと癇癪を起こす。
癇癪は普通こどもです(^^ゞ
子供に叱りながら自分はスマホ。

こんかいのこの教師の背景にいろんなものが見えてきますね。
部活やスポーツの指導者もこの系統は多くなっています。

指導者・教師・上に立つものは
人間性を高める。すなわち人格を高めていく意識が大切だということを忘れている。
(自分に対しても戒めております)

我々人間は死ぬまで成長し続けるもの。

大人になったら立場の弱いこどもをストレス発散に使うな。
と、強く思います。

私は現在木更津市PTA連絡協議会の顧問になっています。
木更津市の教育長は、現場の話をとにかく親身に聞いてくださいます。
保護者からの相談は増えていますが、余りにもひどいと思う案件は
すみやかに伝達しています。
そしてそれを誰が、というのではなく全体に対してご指導くださっています。

親は自分の子だけでなく、大人として教育の場の環境を
維持していくことが必要なのです。

最近はネットでもPTA不要論とか言ってます。
任意だとか何故強制?だとか。。。

いろんな考えはあって良いと思いますが、
PTAが必要である理由もちゃんとあるのです。
流れに身を任せ、便乗して不要だ不要だ!という低次元の話は時間の無駄ですね。

今日のこのニュース
学校と子どもと親の関係性がうまくいっていないことの現れだ!という話です。

被害を受けたお子さんの悲しみ、恐怖、一日も早く癒されますように☆

カテゴリ:

コメントする

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 埼玉の事件

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://iyashian.co.jp/bcms/mt-tb.cgi/569

< リンパセラピー早速  |  一覧へ戻る  |  レイキはどんな風使えるか >

このページのトップへ

最近の画像

  • H26.2.14 大雪でした
  • 整体もヒーリング(癒し)をテーマにガイドしていきます
  • レイドウレイキ青木先生
  • 靈気Jukuの写真です
  • ホワイトセージ10g~100gまで
  • pooがモヒカンに