2012年8月

本当に繊細

いやいや他でもない。

ヒーリング(癒し)を扱うって簡単でないな。

だからおもしろい☆

手をあてた・・・はい、こうなった☆

ということを求める方も多いかと思いますが、レイキは何者かに変身するわけではありません(^^ゞ

落ち着きを取り戻し、自分自身と向き合う場をつくるのですが、ここまでもきっとたどり着けるには時間がかかるでしょう。。。

なぜって。。。

人間は、執着やしがらみや煩悩を抱えて生きているようです。

それぞれを脇に置いて落くことがすぐにできますか?

携帯電話に意識がいっていませんか?

ご飯の支度に意識がいっていませんか?

だれそれがいまどうしているか?なんて思っていませんか?

修行ができていないと瞑想していても想念・雑念は襲ってきます。

 

必死に立場を守ろうとすることに一生懸命な先達者にも、それに疲れいなくなってしまう方もいるのです。

天狗になってはいけまへん。

初心をわすれちゃいけまへん。

目標・目的を忘れちゃ~いけまへん。

あの震災をわすれちゃ~いけまへん。

 

繊細であるがゆえに、強靭な意志をもって取り組む必要が、レイキ療法者には必要なんだと思うな。

癒しを提供する側

先日「癒し」について書きましたが、

癒しを行う側のガイドについて少し触れてみたいと思います。

 

一般的に「癒しキャラ」とか「癒しを扱う者風」な人がいます。

「癒し」ってなんだろう。。。

プロとしては当たり前だけども実践できている人は少ない「多くの準備」があります。

 

逆にこれらが出来ている者たちを「プロ」とか「ヒーラー」と呼ぶのだろう。

 

①肉体

②感情

③精神

④気

⑤霊性

⑥・・・

⑦・・・

⑧・・・

 

これらは、自分にかかるものだけではありません。

「癒しの場」に関わる人や物、場、植物や鉱物、動物などあらゆるものの準備が必要です。

 

受け手(癒しを受け取る人)は様々なタイプがあります。

その受け手にいかに瞬時に見極め、反応し、判断し、決断してガイドしていきます。

 

「癒しの場」にもし複数の人がかかわる場合。。。

ここに一番大きな準備が必要です。

なぜなら、そこにいる人たち全員で「場」をつくる必要があるからです。

自分のことより同志のことを想う必要があります。

これが出来ていないサロンはすぐにバレます(^^ゞ

 

受け手「ヒーリー」が、その「場」に来るだけで「癒し」が起こるよう、準備が必要なのです。

 

⑥⑦⑧とありますが、これは更に上を目指す者たちへ直接伝授して参ります。

すべてのバランスを取ることが大事です。

 

それがなかなかできないのですが一番大切な業なのでしょう。

さらに研鑽して参りましょう。

 

 

 

 

 

 

癒しと癒しを提供する場

この世界、「治療」と「癒し」、、、大きく二つに分かれます。。。ということは過去にもちょいちょい書いておりますが、当店は癒しをする側です☆120%「癒し」を提供する側です。(しつこい)

では「癒し」によって「治療的側面」は絶対にないだろうか。

そんなことはありません。

「癒し」・・・・HEAL

「状態」・・・・TH

=「健康」・・・・HEALTH

本来の状態に近付けていくこと。

お見えになるクライアント(お客様)・・・※我々は心理を扱う立場として「患者(心に串をさした者)」という表現は絶対に使いません。お客様もしくはクライアントとします。

で、お見えになるクライアントは、本来の元気を回復したくてお見えになります。

それは、けがをしたなら怪我をする前の状態だったり、体調がすぐれない方は体調がするれなくなる前の状態に戻したくてお見えになります。

風邪をひいたらどうします?病院で薬をもらって帰るでしょう。しかももらうのではなく買うのです。

怪我をしたらどうします?整形外科や接骨院で処置をしてもらうでしょう。そして元に戻るまで通うでしょう。

そうです。すべて元の状態。つまり「プラスマイナス0」の状態に戻します。

 

「治療」とはそのことを差します。

 

「癒し」はどういう状態なのでしょうか。

なんだか幸せな気持ちになる。もっと頑張れそう。勇気がわいてきた。わけもなく涙が流れてスッキリしちゃった。夢がたくさん増えた。やれるわけない、が、やってみようかなになってきた。。。

などなど、人間の脳は「癒される」と本来の状態が最大限に引き上げられ、どんどん建設的で能動的な状態になっていくのです。

なぜでしょう。。。潜在意識に組み込まれた体験やら経験という過去に根ざした「成長を止めるもの」を放出するからです。

顕在意識でいくら「頑張ろう」とか「よしやるぞ」と思ったところで数時間で心が折れることありませんか?

それです。

この繰り返しに自分自身のシステムができあがってしまうために「いつもの自分(自分はここまで)」にとどまるのです。

で、この状態は健康に関しても同じ事が言えるのです。

「癒し」を体験してこそ、病気になりづらい身体(心)づくり、病気になってしまっても治りやすい身体づくり。

それは人間として生まれ持った生命力やら自然治癒力を高めることで得られます。

 

サロンには「自然治癒力」と掲げながら説明できない施療家が多いようですが。

 

そして、迎えるサロン側では、その「癒し」を提供するために必要な準備があります。

これこそテクニックになるのかもしれません。

一般的に言われる気配りは当たり前。

心意気も当たり前。

それだけではないのです。

「癒し」の準備。

永遠のテーマですね☆

 

 

 

10周年☆

この8月は私にとって特別な月でもあります。

個人事業として「癒し庵せき元気堂」を立ち上げて1年後、会社を設立したのがこの8月。

そしてイオンタウン(旧グリーンシティーショッピングセンター)内にたった5坪のリフレクソロジーサロンを立ち上げたのがこの8月。

懐かしいですが、あれからもう10年☆

最近10周年ネタが多いですが、しかたありません、10周年なんですから(^^ゞ

来年冬には鴨川店が10周年ですので、まだしばらくお陰様でブログは続きます(^^ゞ

木更津店(イオンタウン)は5坪⇒10坪⇒22坪と移動を繰り返し、今に至っております。

その5坪の時のお客様がまだまだたくさんいらして頂けていることはとても有難く、嬉しいことだと当時を知るスタッフとは話が盛り上がります。

このところ、有難いことですが、朝から晩まで施術を繰り返し、スタッフはその集中力と切り替えの連続を修行として挑んでおりますが、質と量のバランスを崩さないよう心がけております。

当然のことながら、女性スタッフで構成しておりますので、結婚、出産、独立、などでメンバーの入れ替わりが頻繁にあります。

どの時代も同じスタンス、コンセプト、お客様へのサービスを継続してきておりますが、これからも向上し続ける為にお気づきの点がございましたら遠慮なく私宛にメッセージを下さいますようお願い申し上げます。
さきほどお伝えした10年前のお客様は私を見かけると「大きくなりましたね(私の身体じゃありません(T_T)」「やっぱりこちらにきちゃいますね」「○○さんはお元気?」「トルトルさんがあってくれてありがたいわ」「少しかわっちゃったわね」「私は前の方がよかったわ」・・・などなど嬉しかったり、あわわだったり。。。
でもその本音を聞かせて頂けることは大変有難いことなのです。

どんなお店も、コンセプトはありながらも実行するメンバーによって変化してしまうことがあります。
私共は、過去に歴史を刻んできた形を崩すつもりはありません(^O^)/
何かお気づきの点がありましたら、是非ともお知らせくださいませ☆

それでは8月もスタッフ一同心よりお待ち致しております。。。合掌

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
千葉県木更津市・鴨川市にあるリラクゼーションサロン
トルトル木更津店:イオンタウン木更津朝日店2F 0438-22-0808
とるとる鴨川店:ベイシア鴨川店内 04-7092-3511
トルトル太田店(女性専門) 0438-25-0889 癒し庵せき元気堂隣接
Auraヒーリングスクール 0438-20-3250 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
整体・リフレクソロジー・リンパセラピー・レイキヒーリング・カルナレイキ・セイキムレイキ
※只今元気に働く癒し手を募集中!
※独立開業・就職相談・手に職・・・今や一番必要とされている分野!手に職を付ければ定年がありません。
 一つの店を築いていく勇気のある方から、ご家族の為にという方まで、その方に合わせたプランを一緒に考えていきます。今のお仕事を辞める前に、少し覗いてみませんか?

「時間はどんどん経過します。。。このままでいいですか?」

« 2012年7月 | メインページ | アーカイブ | 2012年9月 »

このページのトップへ

最近の画像

  • H26.2.14 大雪でした
  • 整体もヒーリング(癒し)をテーマにガイドしていきます
  • レイドウレイキ青木先生
  • 靈気Jukuの写真です
  • ホワイトセージ10g~100gまで
  • pooがモヒカンに